トップページ
学校概要
沿革
教育理念
学校環境
校内の様子
周辺の環境
講師・実習病院紹介
カリキュラム
基礎分野
専門基礎分野
専門分野I
専門分野II
統合分野
キャンパスライフ
看護学生の1日
芸術の授業
行事紹介
先輩からのメッセージ
在校生からのメッセージ
卒業生からのメッセージ
生徒募集
過去問題
卒業生へ
リンク
 

教育理念

 看護は、生命の尊厳と人間愛を基盤とした実践の科学である。
 看護の対象は、多様な価値観をもち地域社会の中で生活し、成長・発達・変化し続ける人間である。そして、看護の役割は、対象の健康の保持増進や健康問題の解決に向け、環境と生活過程に働きかけ、その人らしい日常生活が送れるよう援助することである。
 本校は、学生の個性や主体性を尊重し、自己および他者への深い理解ができる豊かな人間性と倫理性を育む。また、専門職業人として生涯学び続け、他の専門職等と連携・協働し、社会の動向を見据え、常に必要かつ最高の看護を提供し、地域社会の健康と福祉の向上に貢献できる実践者の育成を目指す。
 このような考えに基づき、看護師として必要な基礎的能力を身につけ、必要とされるあらゆる場において看護が実践できる人材を育成する。

教育目的

 看護師として必要な専門的知識及び技術を修得させるとともに、豊かな人間性を養い、専門職業人として自覚と責任をもって社会に貢献できる有能な人材を育成する。

教育目標

  1. 看護の対象である人間を、身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解する能力を養う。
  2. 看護の役割と責任を自覚し、専門職業人として倫理に基づいた行動ができる能力を養う。  
  3. 科学的根拠に基づいた看護が実践できる基礎的能力を養う。
  4. 保健医療福祉における看護職の役割を理解し、関係する人々と連携・協働できる能力を養う。
  5. 社会の要請に応えられる看護師として、看護の専門性を追究し、自己啓発していく姿勢を養う。

戴帽式


教育方針

 次のような方針で、誰からも信頼される看護師の養成を行っています。

  1.一人ひとりの個性を尊重する。
  2.自ら学ぶ姿勢を応援する。
  3.学生間、教員との交流を大切にする。
  4.何でも相談できる家庭的な雰囲気を大切にする。
  5.地域との結びつきを促進し、情操を育む。

c Copyright 2009 Yuki Nursing School. All rights reserved.